tenki.jp More

気象予報士がみた世界の空

過ごしやすい初夏がオススメ!ハネムーナー必見

aiko | 対象月: 6月 | 更新 2014.12.11

イタリア気候ポイント

日本と同様、南北に細長いイタリア。気候も日本とよく似ています。
イタリアといえば地中海、と思われるかもしれませんが、ミラノは西岸海洋性気候、ベネチアは温暖湿潤気候、フィレンツェは温暖湿潤気候と地中海性気候の境目、ローマは地中海性気候に属しています。
ローマの緯度は、日本の函館とほぼ同じですが、気温は、東京と大体同じくらいです。湿度が低く、夏でも日本のような蒸し暑さはありません。カラッと晴れる日が多いのか、私が滞在した6月上旬の8日間で雨が降ったのはローマで小一時間ほど。また、梅雨はありませんが、一年で最も雨が多いのは11月です。ただ、スコールで、長く降る雨ではないようです。

夏はサングラス・帽子が必須!

私は6月に行きましたが、紫外線がとにかく強烈です。毎日日焼け止め、サングラスが欠かせませんでした。帽子があるとよいですが、帽子が嫌な人はヘア用の日焼け止めがあるとよいかも。
そして何より、石畳からの照り返し・・・
イタリアは緯度が高く、日が長いので、日焼け止めはこまめに塗り直すとよいでしょう。

気候によってオリーブオイルの風味も違う

イタリア料理に欠かせないオリーブオイル。おみやげに買っていく方も多いと思います。
イタリアには多くのオリーブの品種があり、また、気候などによっても、それぞれ風味が異なるようです。それぞれの土地のオリーブオイルを比較してみるのも楽しいかもしれません。現地の方にオススメされたのが、トリュフ風味のオリーブオイル。バゲットやパスタ、ピザなど、幅広い料理に使えますよ。
+more 現地の情報

水の都、ベネチアは『アックア・アルタ』にご注意!

満潮と、アフリカから吹いてくる「シロッコ」(季節風)が重なると、ベネチアは浸水することがあります。
110cmを超えると、『アックア・アルタ』と呼ばれ、ベネチアの1割以上が浸水してしまいます。

アックア・アルタ予報は、ベネチア市のHPを参考にされるとよいですよ。

( 外部リンク / auスマパス外リンク )
http://www.comune.venezia.it/flex/cm/pages/ServeBLOB.php/L/EN/IDPagina/1748

90センチまではほとんど被害はありませんが、それより高い場合は注意しましょう。
ローマの天気

気象予報士コラム記事から検索

ピンポイント天気
市区町村名・郵便番号で検索
気象予報士がみた世界の空
国名・都市名で検索
閉じる

My地点

よく利用する地点を登録することができます。

ピンポイント天気

  • エリア名
  • TOPに表示
  • 削除
  • 登録がありません